2020/10/15 18:19

10/16 休診のお知らせ

こんにちは!

副院長の角田真太郎です。

明日10/16は、社内ミーティングや整理の為お休みとなっております。

何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます

2020/10/07 17:00

笑気麻酔のご案内

こんにちは!

副院長の角田真太郎です。

 

笑気麻酔(しょうきますい)とは、大人はもちろん子供まで歯科治療に対して不安やストレスを大きく感じてしまう患者様にリラックスして治療を受けていただくための方法です。

 

笑気麻酔は鼻から吸うだけで鎮静状態が得られ治療後は30分以内に肺などから体外に排泄されてしまいます。副作用が非常に少ない安全な鎮静法です。

 

笑気と高濃度酸素を混合して使用します。笑気とは、亜酸化窒素(N2O)という無色で、わずかに甘い気体です。 この気体を吸うと顔面の筋肉が緩み笑っているような表情になります。

笑気麻酔を使うと以下のことができます。

・歯科治療に際してのお子さんのドキドキを和らげてあげることができます

・嘔吐反射(おうとはんしゃ)を和らげてあげることができます

・痛みを感じにくくなります

笑気麻酔の適応になるのは

①歯科治療に恐怖心がある方や痛みに弱い方

②嘔吐反射がある方

③インプラントや外科治療をする方 です。

 

適応外は

・鼻が詰まっているなどの鼻呼吸ができない方

・禁忌症の方

・喘息等の呼吸器疾患のある方

・体内に閉鎖腔のある病気(中耳炎、腸閉塞、気胸、ブラと呼ばれる肺の閉鎖腔)をお持ちの方

・過換気症候群の方、パニック障害の方など です。

 

健康保険適応で治療を受けられるますが、準備が必要なのと予約時間を長めにとらないといけないのでご希望の方は事前にお申し付けください。

2020/09/24 09:04

小児歯科治療について

こんにちは。

副院長の角田真太郎です。

 

最近は検診があったからか小児の受診が増えております。

私は元々子供が大好きなので、病院に子供が沢山来てくださると大変嬉しい気持ちでいっぱいになります。

 

小児歯科は歯の治療の中でも非常に難しい治療になります。

それには次の3つの理由があります。

 

①その子が治療にどこまで協力出来るか、個人差があること

 

②乳歯自体が構造上、水分が多かったり神経が大きいなど治療自体が難しいこと

 

③麻酔やラバーダム防湿、歯の切削に伴う音やバキュームなど適切な治療を受ける為に乗り越えないといけないステップがいくつかあること

 

です。

こうした難しい要因から小児歯科にも専門医がいます。

専門医では専門性を生かして質の高い治療を提供しております。

 

では当院ではどのように小児歯科に取り組んでいるか?ですが、私は次のように考えております。

 

“小児歯科のゴールは永久歯を虫歯にしないで健全な歯列を完成させること”

 

その為にはまずは虫歯を作る原因や歯並びが悪くなる原因を排除することが重要です。

出来てしまった虫歯を専門医のようにキチンと治療することも非常に大切になりますが、まずはその原因にご家族と本人が向き合えるかが1番重要になります。

 

では、虫歯が出来てしまった子供に対してはどうか?ですが、

私は①と③の要件が満たされていない場合は応急処置以上の治療が出来ません。

正確には治療は出来るけどしっかりとした治療を提供出来ない可能性が高いです。

②に書いたように乳歯の治療は歯の構造上かなり難しい治療です。

このことを保護者の方に理解していただき、協力して頂くことが治療のスタートとなります。

 

当院の小児治療の流れは最初に歯科衛生士と虫歯の原因について保護者の方とご本人一緒に考えて貰いながら歯の治療のステップをトレーニングしていきます。

十分に治療出来る関係性を築いてから治療が開始となります。

 

その為、いきなり治療することが出来ない子も一定数います。

その場合は、

❶小児歯科専門医への紹介

❷全身麻酔での全顎治療の提案

❸当院での抑制下での治療

のどれかになります。

❸に関してはどうしても治療の質が下がってしまうのであまりお勧めしませんが痛みがある場合はこの方法を選択します。

 

長くなりましたがまとめになります。

小児歯科は非常に難しい治療なのでとにかく虫歯にしないことが重要です。

虫歯になってしまったら、その原因を見直し信頼関係を築いてから治療になります。

信頼関係が築けない場合は専門医や口腔外科への紹介になります。

治療の成功への鍵は保護者の協力とヤル気次第です。

 

とりあえずの治療はどの病院でもしてくれると思いますが、当院では自分の子供に安心して提供出来る治療を目指しております。

当院のスタッフも自分も子供はかくだ歯科でメインテナンスや治療をしています。

かほく市から少しでも虫歯の子供を減らすきっかけになれたら幸いです。

2020/09/19 10:39

サプライヤー(滅菌専門スタッフ)について

こんにちは。

副院長の角田真太郎です。

8月より新しい取り組みとして院内に滅菌専門部門を作りました。

そこで滅菌専門で働くスタッフ(サプライヤー)がいます。

 

当院では治療に使う全ての器具をサプライヤーが時間をかけて滅菌しております。

また、全ての器具の量を余分に準備しております。

これは器具の消耗を減らすのと時間をかけた滅菌を行う為です。

 

患者さんとは直接接することは無いお仕事ですが、サプライヤーがいる事でより安心安全の治療が提供できます。

 

1DAFA0B3-194F-42F6-A984-93E4BCDFA0B3.jpeg

 

 

2020/08/24 00:21

受付時間のお知らせ

こんにちは!

副院長の角田真太郎です。

3月より当院では新型コロナウィルス対策の一環として診療時間の短縮を行ってきました。

現状は最終受け付けが

火曜木曜日が17時

水曜金曜日が18時

土曜日が16時

となっております。

 

もともと17時以降は非常に予約が混み合う時間帯なのですが、予約数の制限と受け付け時間の変更により17時以降の予約が1カ月半後まで埋まっている状況になっております。

 

多くの方々に来て頂き、大変有難い反面予約が取れない状況に非常に申し訳なく思っております。

そこで既存の患者様で17時以降しかご予約が取れない患者様を優先的に治療することに専念して予約が取りやすくなるまでは17時以降の新規患者様の受け入れを一時的に中断させて頂きます。

その他の時間帯は新規患者様を受け付けておりますのでご安心下さい。

 

また17時以降の新規患者様の予約受け付けが再開致しましたらご報告致しますのでご協力よろしくお願い申し上げます。

重ねて治療が終わった後に4か月ごとのメインテナンスをしっかりと行うことで歯の治療を減らすことが出来ます。

17時以降に来られる方はお忙しい方が多く、時間が無い中当院に来てくださっているので少しでも不便をかけないように治療が終わった後のメインテナンスをお勧めしております。

4か月に一回のメインテナンスならば予約も取りやすいですし、何より治療を受けるストレスが無いので気持ち良く通院することが出来ると思います。

 

今後とも少しでも皆様のお力になれるよう努力していきますのでよろしくお願い申し上げます。